美大、専門進学のメリット デザイナーになるのに美大、専門卒は必須なの?

 

Name
将来デザイナーになりんだけど、やっぱり美大や専門学校に進学した方がいいのかな?
 

 

こういう悩みを抱えた高校生、浪人生は多いと思います。
結論から言うと、あくまでデザイナーになるために必要なものは学歴などではなく、熱意と技術です。
これはどの業界にも言えますが、熱意に勝るものはありません。
その熱意があってからの技術です。

もちろん、デザイナーは専門職なので技術は求められます。
ですが、今の時代はIllustratorやPhotoshopなど覚えればある程度のものはつくれるようになります。
美的感覚、レイアウトの技術などはデザイナーになってからが本番なので、なる前から完璧である必要はないのです。

 

ですが、美大や専門を卒業することによるメリットは当然あります。
僕自身、都内の美術大学を卒業して、グラフィックデザイナーとなりました。
 
今回はそんな進路に悩む高校生、浪人生にむけて美大、専門進学のメリットについてお話しようと思います。
 
 
・美術大学や専門学校に進学するメリットについて
・進学において、気をつけなくてはいけないこともある
 
 
 
 

美術大学、専門学校に進学するメリット

 

 

美大イメージ

 

 

当然ながら、デザイナーになる上で、美大、専門は必須ではありません。
しかし、デザインを専門に扱うような会社や、企業の部署では新卒での採用条件に
美大もしくは専門卒を条件にしていることが多いです。


これはやはり専門的な知識が必要とされる職業であるため、企業も新卒であろうと、ある程度の技術をもった学生を欲しがるからです。
また新卒としては将来のアートディレクターなど企業にとっての主力になってくれる人を期待しての採用もあるので、
知識、経験、ポテンシャルは非常に採用において重視されるポイントになるでしょう。
 
そして、世の中で大きく注目されるような広告やパッケージなどのデザインは大抵、
そんなデザインに特化した会社、企業が主導して
行っています。

また、こういった会社は中途未経験で入社するにはとても難しいです。
新卒とは違い、知識も経験も実務レベルで豊富な人材しか採用しないからです。
そう言う意味でも、新卒採用でそういった会社に入れるチャンスが大きいだけでも
美大や専門学校に進学するメリットとしては十分すぎると思います。
 
 
もちろん、美術に関係のない学校を卒業した人や別の職についていた人がデザイナーになることは難しいのかと言われるとそうでもありません。
独学でもデザイナーに求められるソフトのスキルはオンライン学習サイトや本などで学ぶことができますし、本人の努力次第ではクライアントを見つけて個人で受注し、
経験値を増やし、転職などをしていくという方もいます。

そこに関してはこちらの記事で書いているので、ぜひご覧になってください。

 

関連記事

Name デザイナーになりたいけど、やはり美大や専門学校で勉強していないのと難しいのかな?     結論から言うとなれます。 デザイナーは必ずしも絵を描くことばかりが仕事ではないからです[…]

 

実際、僕の職場でもまったく違う職種から転職してデザイナーとなった人がいますし、そういった別のキャリアから
大手の制作会社、企業宣伝部に在籍されている方も知っています。

 
 

 

 

専門教育は受けておいて損はありません

 


ただ、やはり美大専門卒の方が有利というのは現実としてあります。

先ほどにも触れましたが、どうしてもデザイナーは中途でなるのがなかなか難しいからです。
中途のデザイナーに求められるのは即戦力です。
つまり相当なスキルが要求されるわけです。
それこそ現場で働かなければ身につかないようなことまで求められます。

 

グラフィックデザイナーで例を上げるなら

  • ディレクション能力
    デザインそのものの方向性、ビジュアルがその方向性にあったものになっているかなどの現場のデザインをコントロールする能力。何より客観性が必要となります。
  • 印刷立ち会い、色校の知識
    アウトプットとなる印刷物は色々な手法で印刷されます。それらはそれぞれ特性、苦手なことなどがあり、表現に制限がかかったりなどがあります。また刷り上がりを見て、デザイナーは色を印刷会社の方に
    調整してもらうための指示「色校」をします。この際も、色の知識などがなければ明確な指示がだせません。
  • 実務をこなせるだけのデザインスキル
    何より必要なスキルで、忙しい現場の中で、時間内にクオリティの高いアウトプットを制作しなくてはいけません。それにはデザインの知識だけでなく、技術力が伴わなければなりません。
  • etc

 

詳しく説明するのは本筋からそれてしまうのでこれくらいにしますが、これだけでも求られる能力の高さがうかがえると思います。

 


新卒や第二新卒くらいであれば、ポテンシャルや意欲で採用してくれる会社もあるでしょう。
ですが、それが通じるのは20代まででしょう。
ごく一部の例外を除くとそれ以降は完全に実力、経験で判断されてしまいます。
なので、もしデザイナーになりたいと考えている人がいるとしたら、すぐに行動した方が良いでしょう。

 

 

 

 

美大、専門には教えてくれる先生がいる

 

個人的に一番大きいメリットは

美大、専門にはデザインを教えてくれる先生がいるという点です。

しかも学校は生徒を集めるために、教授、先生も有名な方に教鞭をとってもらおうとします。
自ずと先生は有名な一流デザイナーや現役で働いてるプロフェッショナルです。
これは本当に大事な要素です。
迷ったときに道を示してくれるというのは本当にありがたいものです。
独学の難しさは皆さんも何かしらで経験していると思います。

 

 

機材が使い放題

 

 

Macを使用してるイメージ

 

 

この指導してもらえる環境は非常にありがたいものです。
また、大学や専門学校ではデザインに必要な機材が全て揃っています。
つまり、自分で揃える必要がなく学校の機材を使い倒せることができます。
独学だとそうはいきません。

 

MacやAdobeのソフトを揃えるだけでも数十万はかかるでしょう。
さらにそこに教材などの費用、プリンターなどの出力費用がかさみます。
これだけでも物凄い額になりますよね。
大判プリンターに至っては自腹では5000円近くかかるものが大学なら500~2000円程度で済んでしまいます。

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は美大、専門学校進学のメリットについてお話しました。

 

  • 大手制作会社や企業デザイン部への新卒での採用難易度が桁違いに違う。
  • デザインを教えてもらえる環境。しかも先生は一流の人ばかり。
  • 高価な機材が使いたい放題で、独学者には難しい制作も行える。

 

このようにメリットだけで言えばかなりのものがあるのは事実です。
もし明確に大手企業や制作会社でデザイナーになると言う目標があるのであれば、進学はおすすめします。

 

最新情報をチェックしよう!