左利きのエレンから見る広告、デザイン業界のブラックさについて

左利きのエレンから見る広告、デザイン業界のブラックさについて

今、絶賛ドラマが放映されている左利きのエレン。
池田エライザさん めちゃんこかわいいです。

この左利きのエレン
簡単に説明すると、広告代理店で働くデザイナー朝倉光一が奮闘するお話です。

この作品のキャッチコピーは
「天才になれなかった全ての人へ」となっています。

これは文字通りで主人公の朝倉光一からのメッセージとなっています。
結局、朝倉光一は天才でもなく、大成することもなく平凡なデザイナーとして物語は幕を閉じます。


左ききのエレン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
左ききのエレン引用画像

物語の舞台はリアルなデザイン業界

物語の舞台はまさしくデザイン業界そのものです。
漫画の描写は決して誇張でもなく、リアルな描写となっています。

僕自身、業界に席を置いている人間ではあるので主人公の葛藤に胸が痛くなることが何度も起こりました。

作中でも起こる理不尽な描写は決して嘘ではありません。日をまたぐ作業。とめどない修正。無茶苦茶な要求。
そのどれもが現実に即したものとなっていました。

デザインと聞けば皆おしゃれなオフィスでスタバとMac抱えて華やかに仕事をするイメージを浮かべるでしょう。

しかし、そんなものは幻想に他なりません。

このような仕事の仕方をしているデザイナーなど、ほんの一握りのみです。

デザイン業界というブラックな世界

デザイン業界は間違いなくブラックです。
いくつか絞って解説しようと思います。

・完全な実力主義の世界

どこの世界でも実力は必要ですが、この世界ほど顕著にそれが求められるのも少ないと思います。
というのもデザインは否応なくとも絵づくりをする仕事だからです。
そして、そのデザインが良いデザインでなくてはなりません。

毎日毎日、良いデザインを模索し続けるのです。
デザインとは社会の鏡です。

その時々で流行り廃りが起こり、目まぐるしく変化し続けます。
良いデザインが作れなくなった時、待っているのは露骨なまでに仕事をもらえない日々なのです。

仕事がなくてはお金がもらえません。
生きていくのにお金は必要です。
だからこそ、何が何でもしがみつくしかないのです。

・受注仕事ゆえの厳しさ

基本的にどの業界でも末端にはお金は回ってきません。
どれだけ腕のいいデザイナーでもそれは同じです。

お客様からの受注で仕事があるデザイナーは言ってしまえば元より末端なのです。
どれだけいいデザインをつくりあげようとも、クライアントは気前よくお金を払ってなどくれないのです。

広告、デザイン業界は何よりも他の業界に依存する仕事です。
そして、不景気になれば一番に予算を減らされる分野です。

大手代理店であれば会社自体に力がありますから、多少は交渉もできるでしょう。
しかし、その下にある制作会社となっていくともう太刀打ちなどできません。

受注仕事はそれだけ厳しい立場にあるのです。

・アイデアの枯渇

毎日毎日、仕事をこなしていくとある日を境にマンネリが起こり、それまで浮かんできたアイデアが途端に枯渇するようになります。
だからこそデザイナーは常にインプットを絶やしてはならないのです。

絶やした瞬間に、そのデザイナーは何も発想ができなくなっていきます。
そうなったらどうなるか?

当然、実力世界ですから誰からも看取られることなく業界を去ることになります。

・デザイン業界は信じられないほど狭い村社会

デザイン業界は基本的に村社会です。
美大、専門の出身者がほとんどの業界ですから当然、顔見知りなどもたくさんでてきます。

あの人は〇〇にいるとか、そんな情報は簡単に手に入ります。

それ故に、忖度もびっくりするほどあります。

ADCやJAGDA賞といったものを受賞するのは常に大手代理店の人間か大御所デザイナー、もしくはそのデザイナーの元で働いていた人たちです。

そして、その賞を審査するのもまた大手代理店や大御所たちなのです。
つまり身内で賞を与えあって箔付けしあっているのが現状なのです。

佐野さんのオリンピック問題でもその件はかなり話題になり記憶している方も多いと思います。

あのコンペ自体もこういった内輪で回した賞をとった人にしかコンペ参加権がなく、そして審査員もまた大御所たち。
忖度があるのではないかと疑われて当然な審査なのは否めないでしょう。

一応補足として

著名な賞を取るのは凄いことですし、当然皆が納得するだけの実力がなくては取れないので、決してその賞の権威を疑うわけではありません。
僕自身、これらの賞の受賞者に憧れてデザイン業界に足を踏み入れた口なので受賞者の方々には羨望しかありません。

・長時間労働と理不尽な修正

デザイン業界はどこもかしこも長時間労働が当たり前の世界です。
深夜を超えるなんてよくある話です。

僕自身、今月は何回かてっぺん超えてます。

理由としてクライアントの指示は絶対という業界の鉄則があるからです。

逆らえば仕事はもらえません。
こちらの記事で少しそのことについて触れているので良かったらご覧になってください。

そして、今の御時世、スマホの発展などもあり広告の媒体はものすごい数になっています。
それらの制作がもはや追いつかないレベルにまで達しているということがあげられるでしょう。

まとめ

左利きのエレンはこうしたデザイン業界の闇をしっかりと描いています。

だからこそ、業界の人間には鏡を見せられた気分になります。
そして、とても心に刺さります。

ちょっと宣伝ぽいですが皆さんも左利きのエレンご覧になられてはいかがでしょうか?


左ききのエレン 1-8巻 新品セット (クーポン「BOOKSET」入力で+3%ポイント)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村