未経験からデザイナーってなれるの? 1

未経験からデザイナーってなれるの? 1

結論から言うとなれます

ではどうやったらデザイナーになれるのかについて書いていこうと思います。
まず、デザイナーとは何か特別な資格は必要としていません。
単純な話、AdobeIllustrator、Photoshopが使えて、「人並みの感性」を持っていれば努力次第でいくらでもなることができます。
なので、少し長くなりますがデザイナーになるまでの道のりを書いていこうと思います。

1.Illustrator、Photoshopのスキル

イメージ画像

残念ながらこればっかりは必須のスキルになってしまいます。
昔は絵の具で色つくったり、写植で文字の版下をつくったりなど、それこそ職人にのみ許された職業でした。
しかし、今のデザイン作業はほぼほぼPC上で完結してしまいます。
そのデザインの絵作りをするためのソフトがillustratorとPhotoshopになります。
具体的にillustratorとPhotoshopでは何ができるのかと言いますと、
簡単にはillustratorは文字の装飾やイラストを作ることができるソフト。
Photoshopは写真などの色味やコントラストを調整したり、全く別の写真と写真を合成するのに使うソフトです。
詳しく説明するのは本筋からそれてしまうのでこれくらいにしますが、
この二つのソフトによって皆さんの日常に溢れているパッケージや広告ポスターなどが作られているのは間違いありません。
これは日本だけでなく、ほぼ全世界において統一と言っていいでしょう。

それではまずこの二つのソフトを購入したとしましょう。
次はこのソフトを使えるようにならなくてはいけませんよね?

昨今はネットでも有益な情報が山ほど溢れています。
(もちろん適当な内容も溢れています……)


テクニックなどを紹介するブログなど、なかなか為になることも多いのですが、がっつり勉強するというよりかは、触りの部分を教えてくれるという印象なので、学び始めにはあまり向かないかもしれません。

ネットの印象として、そう言った触りしか教えてくれてないサイトが溢れている気がします。

ネットの無料情報だけで、完全にマスターというのはなかなか難しいのが実情ではないでしょうか。
本屋でもIllustrator、Photoshopの教習本は山ほどあります。
ただ、言ってることは同じなのでどれを買ってもいいと思います笑
あえて、おすすめするなら
チュートリアルのついている教習本が良いと思います。

後日、追記で僕のおすすめの本をご紹介します。



ただ、皆さん思い当たる節があると思いますが、一度つまずいてしまうとなかなか自分一人で解決するのが難しいですよね?
本などの弱点はここにあると思います。
教えてくれる人がいないと言うのはものすごく不便です。
そこで僕がオススメするのはudemyなどの通信講座です。


これはスキルを持った人が動画でわかりやすく解説をしてくれると言ったサービスで、その動画を購入した人は質問もし放題と言う仕組みになっています。

これであれば、動画を見ながら進められるし、分からないところでつまずくこともないと思います。

ただ、動画は有料になってしまうので、その点は慎重に検討しましょう。


2.実績づくり

ある程度、スキルが身についたら次に用意しなくてはいけないものはポートフォリオです。
つまり自分の実績紹介です。

実績は、その人に何ができるのかが明確にわかるので、デザイン会社から企業の宣伝部に到るまで、面接の際に提示を求められます。

スキルは身につきました。
しかし、実績がない。
これが次につまずきやすいポイントです。

これを解決するには大きく3つほどあります。


1想定でデザインする

これはシンプルに自分自身がクライアントとなって課題を想定し、デザインを作るというものです。

例えば、ある架空の海産物を扱う企業があります。
そこには会社のロゴがありません。
なので、その会社を象徴するようなロゴを作りました。
さらにロゴの展開として、名刺や封筒、その会社で販売されている海産物の商品のパッケージデザイン、その会社の新聞広告やポスターなど作ってみましょう。
一通り出来上がったら、それは立派な実績になります。

所詮、想定だからあんまり評価してもらえないんじゃないの?
という意見が出てくるかもしれませんが、そんなことありません。


なぜなら、誰しもが最初から「仕事」としてデザインができるわけないからです。


むしろ、そういった取り組みを自主的に行う点をみても評価すべき実績と言えるでしょう。

こういった想定で重要なことはどこまでリアルに想定し、そしてその作品の完成度が高いかです。

想定の会社のロゴを作るなら、その会社はどこにある会社でどういった特徴があるとか、とことんリアルに想定していくのが大切です。

そういったお客様の情報をデザインしていくのがデザイナーだからです。
もちろん、この例は架空でなくてはいけない訳でもありません。

1からお客様のことを全てを考えていては前に進みませんよね。

そこで、まず最初はすでに存在している企業をモデルにしてしまうのが良いでしょう。

その企業の良いところと悪いところ。現状のデザインやカラートーンなどを分析してリブランディングしてみる。

それをしっかりやり切るだけで、ものすごく力になります。

デザインの良し悪しはこの時点では大した問題ではありません。


未経験者を面接してくれる時点で、そこのレベルは加味してくれるものです。
明確な理由の元で、そのデザインになったことを理論整然とプレゼンすることができれば良いのです。


2コンペに参加する


これも分かりやすいですね。
例えば、グラフィックであれば、新聞広告賞は毎年行われています。
朝日広告賞などが良い例ですね。
こちらは一般公募なので誰でも参加できます。
その分、競争率も高いですが、
こういったコンペに全力で挑んだものも立派な実績になります。

賞なんて取れたら良いやくらいで挑むのが丁度良いです。

割と特別な撮影やイラストが無くともトンチの効いたコピーや大胆なレイアウトで受賞している方もいるので、入賞の可能性もなくはないと思います。

他には、ランサーズやクラウドワークスなどのコンペ式の仕事の受注です。


こちらはお客様がコンペ式で仕事を依頼して、それに勝てば仕事として受注することができるというシステムになっています。

仕事なので勝てば報酬も貰え、実績にもなります。

提案は10回まで行えるので、本気で取り組めばそれなりに勝ちが見込めるとは思います。

ただし、コンペ式というのもあってかなり競争率が高く、またコンペに出した作品がライバルにも丸見えになるので、パクリなども横行しているので注意が必要です。

締め切りギリギリに提案するなどくらいしか今の所、対策がないので少しもどかしい実情があります。

余談ですが、ロゴの提案は本当に競争率が高く、受注が目的であるなら、紙面のレイアウトやwebバナーなどの方が良いと思います。
中には化粧品などのパッケージなんかもあったりするので、チャンスがかなり転がっています。

少し長くなったので今回は一度ここで区切ろうかと思います。
次回からは具体的なポートフォリオのレイアウトなどについて話そうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村