そもそもデザインとは?
分かりやすく解説します

 

Name
そもそもデザインって何ですか?

 

「デザイン」という言葉は様々な場面で使われています。
最近では人生をデザインしようなんて言葉も聞くくらいに広く抽象的な範囲にまで使われています。

 

そもそも「デザイン」とは何でしょう?
デザインを行う仕事の本質がなにか、と問われると、答えにくいのではないでしょうか。
そこで今回は「デザイン」がズバリ何を指すのかについて、詳しくご紹介していきます。

 

 

 

 

デザインってどういう意味?

 

例えばデザイナーと聞くと
なんとなく絵を描くのかなぁくらいにしかイメージがわかないですよね。
その点、イラストレーターやフォトグラファーなんかはわかりやすいです。
読んで字のごとくイラストを描く人と写真を撮る人です。

それでは「デザイン」というワードを広辞苑(第六版)で調べてみるとします。

 

デザイン【design】

  1. 下絵。素描。図案。
  2. 意匠計画。製品の材質・機能および美的造形性などの諸要素と、技術・生産・消費面からの各種の要求を検討・調整する総合的造形計画。「建築―」「衣服を―する」→インダストリアル‐デザイン→グラフィック‐デザイン




何となく言わんとしていることが分かるような分からないような。
言葉だけではどうにも分かりにくいですよね?
そこで簡単にデザインの参考例をつくってみました。

 

デザイン作例画像1

 

どうでしょう?気づくところはありませんか?


上の文章に比べて、下の文章は行間や、文字の間を広げています。
こうすることで文字が詰まっていた印象を解消してみました。
こうすることで、格段に読みやすさが増したと思います。

 

"読みやすさ"とはすなわち機能の向上を意味します。

 

 

引き続き例をつくりました。下の画像をご覧ください。

作例画像2

 

上はギチギチで読みにくいし、文字の形もなんとなく、「アイスクリーム」のイメージに合わないですよね?

これをデザインしたのが下になります。
文字と文字の間の幅をひろげることで読みにくさを解消し、書体をかえることで文章にマッチした印象にしあげてみました。


これが辞書で言うところの意匠性、
美的造形性を考慮するということです。これこそデザインの本質になります。

 

 

 

デザインの本質はイメージの設計 

 

 

デザイナーとは人々の思う「イメージ」を視覚的な要素として設計をする職業というわけです。
たとえばお客様から、可愛らしいお菓子のパッケージを依頼されたとしましょう。

デザイナーはお客様が想像している「かわいらしい」というイメージを設計

しなくてはいけません。

 

  • かわいらしいなら丸みをおびた文字をつかうのはどうだろう。
  • メインのターゲットが女性なら、女性が好みそうな淡い色味をメインにしてみるのはどうだろうか。
  • 商品がぱっと見でわかるように写真やイラストで表現してみるのもいいかもしれない。
  • 店頭で目立つように他の競合商品と差別化していこう。



このように思考のプロセスを経て、問題を解決するためのビジュアルイメージを設計していくのです。
これこそがデザインの本質です。

 

 

 

 

 

美しさ=デザインとは限らない



勘違いされやすいことはデザイン=美しいという認識です。
言葉のイメージだけを考えると、何だかお洒落で近寄りがたいのは事実です。
しかし、美しいことがすなわち正解とは限りません。

例えば、街の看板などを見てもらえればわかると思いますが、別段美しいというものでもありませんよね?
むしろ、どこか無骨で乱雑な印象を抱くことの方が多いのではないでしょうか。
特に日本はその傾向にあると思います。


しかし、それは決して稚拙だからという理由ではないのです。
大抵の看板は強い色使いに太い文字で読みやすくデザインされています。
これは「読みやすい」というビジュアルイメージを最優先に設計した結果なのです。
イメージを設計する上で、必ずしも美しいだけが正解ではありません。

 

 

街の看板イメージ

 

 

まとめ

 

振り返ると、デザインとは美的要素、機能的要素を考慮し設計する職業です。


デザインとは生活に密接して関わる大切な要素です。
意識をして街を見てみると様々なデザインが隠れています。

 

商業施設のサインやマップ。道路標識のピクトグラム。
街の景観、都市設計にいたるまで全てがデザインされているのです。

 

これから先、様々な記事を通してデザインの魅力がより伝わっていけば幸いです。
そういった感じで、今回はこのあたりで一区切りさせていただきます。

 


サムネイル
最新情報をチェックしよう!