【仕事が遅い悩みを解決】新人デザイナーが覚えておくべき仕事の進め方

新人デザイナーとしてキャリアをスタートさせたは良いけど、仕事が目まぐるしく進行してわけが分からなくなっちゃう……

 

 

新人デザイナーは日々の業務のスピード感になかなかついていけず、悩むことも多いと思います。

特に、自分の仕事が周囲より遅く迷惑をかけてしまったりして、デザイナーに向いてないと諦めてしまう人も少なくありません。

しかし、それはただ仕事の進め方が分かっていないだけなのです。

仕事の進め方さえ学べば、業務の遅れも徐々に取り戻せていけます。

 

経験を積んでいけば、自ずと周囲のスピードにも適応できるようになっていくでしょう。

逆に仕事の進め方を意識しなければ、仕事の遅れを改善していくのは難しいとも言えます。

今回は新人デザイナーの人に向けて、覚えておくべき仕事の進め方を解説していこうと思います。

 

 

新人デザイナーにとって、周囲のスピード感についていけず、悩む方も多いと思います。そこでこの記事では意識をしておくべき仕事の進め方について解説していきます。
お悩みの方はぜひ、参考にしてみてください!

 

 

新人デザイナーの仕事の進め方

 

 

Macを使用してるイメージ

 

 

新人デザイナーにとって一番学ばなければいけないのが仕事の進め方です。

デザイナーの仕事はほぼ裁量労働制であり、自分で時間をコントロールしなくてはなりません。

ビジュアルをつくって完成させる。

一言ですますのは簡単ですが、そこまでには途方も無い検証の時間がかかります。

ついつい夢中になって絵作りに没頭してしまうと工数は信じられないほど膨れ上がっていきます。

 

 

デザイナーというのは仕事です。

絵作りに熱中するのは大切ですが、時間の感覚を失ってしまうと仕事として成り立ちません。

新人デザイナーはまずその時間の意識をもつのが大切になります。

 

 

こちらの記事でデザイナーが意識すべき時間感覚について詳しく記事にしています。

よろしければ合わせて一読ください。

関連記事

デザインという仕事はやろうと思えば、いくらでも時間をかけてクオリティを上げていくことができます。 だからこそ、締め切りギリギリまでクオリティを上げようと模索し、時間をかけ過ぎでしまうデザイナーが少なくありません。   […]

 

 

具体的な完成イメージをもつ

 

デザイナーはビジュアルを設計しなくてはいけない職業です。

ビジュアル設計は闇雲に始めてしまうと時間をどんどん失っていきます。

何よりも大切なのは 完成のイメージを頭の中に思い描けている状態にするということです。

頭の中に完成イメージがないと、制作途中で試行錯誤の時間が増えていきます。

 

 

そうなっていては当然、予算に見合う仕事量には至れません。

なので、制作を始めるラフなどの段階から完成イメージを思い浮かべておく必要があるのです。

 

 

 

そのためには自分が表現したいイメージに近しい資料を探す。

そして、きちんと作業工程を逆算していく。

そういった作業前の段取りをしていくのが大切です。

 

資料探しに関してはこちらの記事を参考にしてみてください

 

関連記事

  いざ、デザイナーとしてデビューするとして、新人デザイナーの仕事ってどういったものがあると思いますか? 意外に、どういう事を実際に行うかは想像するのが難しいかもしれません。 そこで今回は新人デザイナーの仕事の中[…]

 

 

自分の作業時間を把握する

 

自分が作業にかかる時間というのも大まかでも良いから把握しておく必要があります。

なんとなくの時間でスケジュールをたててしまうと、すぐさま崩壊してしまいます。

 

そうは言っても、絵作りとかだと完成の目安なんてわからないよ……

 

確かに、ビジュアルを完成へと導くのは色々な検証があり、感覚的に目安を探っていくしかないと思うかもしれません。

ですが、そこで時間把握の意識をほったらかしにしてしまうのはあまりににも無責任となってしまいます。

あくまでデザイナーのやっている絵作りは仕事なのです。趣味でもアートでもありません。

決められた時間の中で仕事をこなすのがプロの現場です。

 

 

では、具体的な解決策ですが、

僕は絵作りやレイアウト調整をする前にストップウォッチで時間を測るようにしています。

もちろん、毎回毎回同じような時間で終われることはないですが、それでも何度か測っていくうちに自分の作業スピードの平均値は見えてくるようになります。

こうした具体的な数字があることで、時短への対策やスケジュール管理に役立てることができます。

 

 

 

 

時間を切り売りしてお金を得ている意識をもつ

 

少し抽象的な話になってしまいますが、仕事は自分の時間を売ってお金を得ています。

自分の時間というものは有限です。

そして、決して取り戻せるものではありません。

お客様から貰えるお金は決まっています。

 

「これだけたくさん頑張ってくれたからお金も多くあげるね!」なんて言ってくれるはずもありません。

 

決めたれた予算と膨らんでいく工数の関係は変わりません。

どれだけ一生懸命働いても、時間を使いすぎてしまっては、それに見合う報酬というのは得られないということです。

かと言って手抜きをしろと言うわけでは決してありません。

そんなことをしていては信用も得られないし、実力も身につきません。

 

 

理想論ではありますが、

時間を管理して、決まった時間の中で最高の結果をだすのがプロなのです。

それこそが本当の意味での実力です。

 

「もっと時間をくれればもっといいものにできるのに……そういった意見もよくわかります。

ですが、利益をだすのがビジネスです。

決められた時間の中で結果をだす。

決められた時間を超えてだす良いものというのは決して褒められたものではないのです。

 

 

もちろん、例外はあります。

大きなコンペや賞を狙うための仕事なんかは、そういったものを度外視して、全力投球する必要があります。

ですが、それらは共通して利益以外の付加価値があるから行うのです。

そこの境界線の見極めをきちんとしなくてはいけません。

 

 

関連記事

  Name デザイナーって忙しいイメージがあるけど実際にはどうなんだろう?やっぱりブラックな職業なのかな……     正直な話、ブラックかホワイトかと聞かれれば全体的にはブラ[…]

 

 

まとめ

 

今回は新人デザイナーが悩みがちな仕事の進め方に対する意識にして記事にしました。

意識をしたからと言って、今日明日でそれが改善されるわけではもちろんありません。

ですが、その意識をもつだけでも成長速度は格段に変わります。

どんな人間だってトライアンドエラーの繰り返しです。

 

今日お話した内容を頭に入れて、日々の業務に取り組んでいけば、気がついた頃にはこれまでの悩みなどすっかり解決しているはずです!

ぜひ意識してみてください。

 

 

新人デザイナーの仕事の進め方についての記事まとめ

 

関連記事

  いざ、デザイナーとしてデビューするとして、新人デザイナーの仕事ってどういったものがあると思いますか? 意外に、どういう事を実際に行うかは想像するのが難しいかもしれません。 そこで今回は新人デザイナーの仕事の中[…]

 

関連記事

新人デザイナーの仕事には資料探しやカンプ制作の他にもアイデア出しというものがあります。 これは文字通り、デザインのアイデアを考える作業です。 ある意味、デザイナーとして成長できるかはこのアイデア出しをどれだけ真摯に取り組んできた[…]

 

関連記事

これまで新人デザイナーの仕事を紹介してきました。 今回は具体的なデザインの実制作のお話をしていこうと思います。 これまで紹介したものがデザインのマインド的な部分が多かったですが、 今回はより実務的なお話となります。 […]

 

関連記事

新人デザイナーは基本的には実務の経験がほとんどありません。 実務経験の有り無しは現場での対応力、スケジュール管理能力など様々な点で大きく差が出ることでしょう。     できるようになるまで時間がか[…]

最新情報をチェックしよう!