未経験新人デザイナーがステップアップするための練習法を解説!

新人デザイナーは基本的には実務の経験がほとんどありません。

実務経験の有り無しは現場での対応力、スケジュール管理能力など様々な点で大きく差が出ることでしょう。

 

 

できるようになるまで時間がかかるのは当然のことです。

決して、恥ずかしいことではありません。

ですが、少しでも早く実力が身に付くに越したことはないですよね?

 

 

そこで今回は未経験の新人デザイナーが少しでも早くステップアップできるようになるための練習方法を解説していこうと思います。

 

 

未経験、新人デザイナーが少しでも早くステップアップできるように練習方法を自分の経験もふまえて解説していきます。
もし現状、伸び悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

 

 

 

新人デザイナーの練習法 まずは出来ないことを整理する

 

 

勉強するイメージ

 

 

努力をすることについても注意が必要です。

闇雲に行動を起こしても、あまり良い結果を生みません。

それはデザインにおいても同じことが言えますよね?

 

 

きちんと情報を整理し、セールスポイントを把握してビジュアルを設計していかなくてはいいデザインは作れません。

努力も何が不足していて身につけていかなくてはいけないのか、それをきちんと理解した上で行わなければ、効果的な努力とは言えないでしょう。

 

 

ただでさえ、デザイナーという職業は多忙です。

時間を有効に活用していかなくてはいけません。

 

 

まずは自分自身を振り返り、何が不足しているのかを整理してみましょう。

その上で、目指したいデザイナー 像を描いていくことが大切です。

 

 

出来ないことから出来るようになりたいことを抽出

 

出来ないことリストが作れたら次に考えるのは「出来るようにならなくてはいけないこと」「出来るようになりたいこと」です。

ここで、自分の勉強方法の指針が決まると言って良いでしょう。

マストで身につけなくてはいけない項目を押さえつつ、出来るようになりたいことを学ぶ体制を整えていきましょう。

 

 

例えば、ハンドクラフトな手書き文字が扱えるデザイナーになりたいのであれば、

まずマストのデザインスキルの練習をしつつ、カリグラフィーの本やネットの情報を見て手書きの練習をしていくことになるでしょう。

このように努力をするための計画をまずは練りましょう。

そうすることで、自ずと道が見えてきます。

 

 

 

新人デザイナーの練習法 デザイントレース

 

 

デザイナーがマストで身につけなくてはいけないスキルとしてはデザインの引き出しとソフトの習熟が挙げられます。

デザインソフトの習熟は実務をこなしていけば自ずと、身についていきます。

しかし、デザインをイメージし、作り上げていくということは必ずしも直結はしないのです。

あくまで、ソフトの習熟は手段であって目的ではないからです。

 

 

結局、デザイナーのレベルとはどれだけ引き出しを多く持っているかに依存します。

引き出しに良いデザインが収納されていなければ、どれだけ頭をひねったところで、アイデアが思い浮かぶことはありません。

新人デザイナーはこのアイデア出しの段階でつまずいてしまケースが多いでしょう。

 

 

引き出しを多くするための方法としては「見る」ことしかありません。

目より先に手が肥えることはありません。

観察眼が身につき、良し悪しの判断がつき始めてようやく、手がそれに追いついてくるのです。

そこで、その目を鍛える練習として最適なことがデザイントレースです。

 

 

バナートレースなどは未経験のwebデザイナーの間ではオーソドックスな練習方とは言えます。

結局のところ、この練習はよく観察してそれを再現するデッサンそのものなのです。

鉛筆と紙がPCとデザインソフトに置き換わっただけの話です。

 

 

このデザイントレースの一番の利点はデザインソフトの練習も兼ねているという点です。

その上で、観察眼が鍛えられていきます。

気をつけたいのはデザインのあしらいだけに注目しすぎないという点です。

 

 

配色や写真の構図、コントラストの付け方までしっかりと分析し、その理由を言語化できるようにしましょう。

デザインは何となくでは行いません。

その配色、レイアウト、構図には意図があります。

そこを見つけ出すことで、より多くの学びが得られることでしょう。

 

 

 

このようにアナログ的にデザインを分析していくのも一つの手です。

 

 

 こちらのMDノートは180度しっかりと開く作りになっていて、非常に描きやすいです。表紙も余計な装飾が一切無く使い勝手が良く、
アナログのデザインノートを作るならおすすめです!MDノートリンク https://www.midori-japan.co.jp/md/products/mdnote/

 

新人デザイナーの練習法 基礎知識を学ぶ

 

 

現場で学ぶこと以上の教科書はないというのはよく聞く話ですが、それ自体は僕も正しいと思います。

本でかじった知識と、実経験に基づく知識とでは雲泥の差があるでしょう。

しかしながら、基礎的な知識があるだけでも、より早く学びを多く吸収することができるのも事実です。

 

 

基礎知識を学んでおくことは勉強における予習のようなものです。

実務は授業と考えると分かりやすいかもしれません。

ある程度、予備知識があるだけで授業も飲み込みやすいですよね?

それと本質は同じです。

ステップアップをする上で、一度落ち着いて基礎的な知識をおさらいし直すことは大切です。

 

 

 


 

 

まとめ

 

今回は新人デザイナーがステップアップしていくための練習方法について解説しました。

まずは冷静に自分自身を振り返って、足りないものを洗い出すところから始めてみましょう。

そして、その足りないものの中から、マストで身につけなければいけないスキルと今後の自分の未来像に必要なスキルをセレクトし、努力していきましょう。

 

 

 

 

新人デザイナーの仕事の進め方についての記事まとめ

 

関連記事

  いざ、デザイナーとしてデビューするとして、新人デザイナーの仕事ってどういったものがあると思いますか? 意外に、どういう事を実際に行うかは想像するのが難しいかもしれません。 そこで今回は新人デザイナーの仕事の中[…]

 

関連記事

新人デザイナーの仕事には資料探しやカンプ制作の他にもアイデア出しというものがあります。 これは文字通り、デザインのアイデアを考える作業です。 ある意味、デザイナーとして成長できるかはこのアイデア出しをどれだけ真摯に取り組んできた[…]

 

関連記事

これまで新人デザイナーの仕事を紹介してきました。 今回は具体的なデザインの実制作のお話をしていこうと思います。 これまで紹介したものがデザインのマインド的な部分が多かったですが、 今回はより実務的なお話となります。 […]

 

関連記事

新人デザイナーとしてキャリアをスタートさせたは良いけど、仕事が目まぐるしく進行してわけが分からなくなっちゃう……     新人デザイナーは日々の業務のスピード感になかなかついていけず、悩むこ[…]

 

関連記事

デザイナーになったはいいけど、今後も食べていけるのか不安だな……スキルアップにはどんな勉強をしたらいいんだろう   デザイナーとして第一歩を踏み出し、日々の業務をこなしていくと、ふとこうした[…]

最新情報をチェックしよう!