風景化するデザインとターゲットを絞ることの重要性。

デザインや広告といったものを学んでいくと、まず最初に登場するのがターゲット層を意識するという言葉だとおもいます。
デザインは「誰かが誰かに向けて発信する情報」の視覚化する行為であり、ターゲットを決めるのはスタートを切り出す最初の一歩と言えるでしょう。

 

今回はデザインにおけるターゲットを絞る重要性について解説していこうと思います。

 

 

 

 

 

風景化するデザイン

 

渋谷のイメージ

 

例えば普段の街中をイメージしてみてください。
おそらく、そこら中に看板やポスターといった広告物がひしめき合っていますよね?

 

それらは一つ一つは確かに広告物であり、デザインでありますが僕たちはそれらを深く意識することはありません。
これは万人に対して、意味をなすデザインがそもそも存在しないということを意味します。
店の看板しかり、ポスターしかりです。
飲食店の看板が目に入るのはあくまで、飲食店を探している人にだけであって、その他の人の目には意識さえしないでしょう。

デザインとは意識されなければただの風景なのです。

 

 

 

ターゲットを意識する重要性

 

これだけでもデザインにおいてターゲットを意識することがどれだけ重要か分かると思います。
デザインはあくまで情報伝達の一助を担うにすぎません。
その情報を求める人に対して、興味訴求できる見え方を提示しなければ、それはやはり風景となってしまうのです。

 

それはつまりターゲットをしっかり意識しなければデザインは機能しないという立証でもあります。
老若男女問わず全ての人に向けて作られたデザインは誰の心にも残らず、伝えたい情報を伝達することも許されずに消えていくことになります。

 

 

ターゲット事例 Z世代をターゲットにしたahamo

 

ahamoイメージ

引用 ahamo https://ahamo.com/

 

例えば、ドコモの格安プラン「ahamo」のデザイン、広告展開など分かりやすく若年層(Z世代)を意識しています。
ビビットなカラートーンを前面に押し出し、タイポグラフィーで遊びをきかせたデザインは実にお洒落で若者のトレンドに響く仕上がりとなっています。

単純にかっこいいです。
このかっこいいというところがよりポイントなのかもしれません。

 

また僕はあまり詳しくないのですが、コンセプトムービーに登場する男女も有名なインスタグラマーやTikTokで活躍している方々などSNSを主軸に活動されているインフルエンサーを起用することでより若者への意識を向けていることが伺えます。

 

 

 

一時期では有名人を起用してというのが広告の流れでしたが、Z世代にしてみればそれはもう過去の話で、より身近で影響力のあるインフルエンサーの方が親近感がわきやすいのでしょう。

実際、大人が考えている以上にその影響力は絶大なのかもしれません。

 

 

なんにせよこのデザインや広告展開を見るだけでも、どのターゲット層にこの情報を届けたいと考えているのかが明白です。言葉にしなくてもそれが伝わってくる。
それこそがデザインの成功と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

ターゲットを絞るから広がっていく

 

デザインには常にターゲットとなる対象がつきまといます。
若年層なのか高齢層なのか、男性なのか女性なのか、それ以外なのか。

そこにフォーカスを与えて初めてデザインは機能し始めるのです。

 

ちょっとした例を紹介します。
駅の広告でジャニーズやEXILEなどのアイドルグループの宣伝広告に集まる女性たちを見たことはありませんか?
アイドルに興味のない人間にはその宣伝広告はなんの引っかかりにもならない風景です。
しかし、彼女たちには違います。
彼女たちは等身大に出力されたアイドルたちと写真を撮ることができ、それを自身のSNSへと拡散していきます。
そうすることで広告はより伝えたい対象へと広がっていく。
そうした行動までを設計するのがデザインなのです。

 

 

 

 

まとめ

 

今回はデザインにおけるターゲット選定の重要性について記事にしました。
デザインはターゲットを定めることではじめて機能し、ターゲットから外れてしまうと途端に風景となってしまいます。

もし、何かしらのデザインを作ることになった時はまず、冷静にどんなターゲットに向けてデザインを作るのかを思い起こしながら制作してみてください。

 

 

関連記事

  Name そもそもデザインって何ですか?   「デザイン」という言葉は様々な場面で使われています。最近では人生をデザインしようなんて言葉も聞くくらいに広く抽象的な範囲にまで使われています。[…]

サムネイル

 

最新情報をチェックしよう!