【仕事ができないと悩む方へ】新人デザイナー時代の思い出。辛いことは多かった。けど

 

6月です。そろそろ新人のデザイナーの中には仕事が辛いと感じ始めてる人も多いと思います。
なんせ6月ですから。
僕も新人の時、この時期が一番辛かった記憶があります。

 

新卒からデザイナーになった人、異業種からデザイナーに挑戦する人。
色々な違いがありますが、ひとつ確実なのは誰しもが一度は辛い思いをするということです。

 

もし、念願のデザイナーになれたけれど、現状とても辛いと感じている方、そしてそれを一人で悩まれてる方に向けて、少し僕の話をしようと思います。
良かったらお付き合いください。

 

 

 

 

新人デザイナー時代。やはり辛かった

 

 

depressed

unspulash https://unsplash.com/

 

 

今時は異業種からの転職からデザイナーになる人も少なくありませんが、僕はいわゆる王道のルートでデザイナーになりました。
美術予備校でデッサンや平面構成を学び、美術大学でグラフィックデザインを専攻、卒業しデザイン制作会社に就職。そこから数年が経過しました。

 

それなりに仕事をこなしてはきましたが、その間、何度もデザイナーを辞めたいと思いました。とにかく辛かった。
その原因のほとんどは「実力不足」でした。
そう、とにかく腕が悪い。不器用。良し悪しの判断をする目も養われていませんでした。

 

仕事がとにかくできない。
プロレベルにまで制作物をつくる力がない。
いくら時間かけても足りなかったのです。

 

今思い返しと、大した作業量でもなかった。
けれど、当時の僕にはそれすらこなせなかったのです。
そのため、深夜まで作業したり、退社したフリして皆が帰宅した後にこっそりそのまま仕事を続けて朝に帰宅し、また出社なんてこともしていました。

 

あまりに仕事ができないので、一部の上司からは匙を投げられオリエンにすら参加させてもらえないで放置されることもありました。
お前に頼んだら仕事が増える」「なんでお前を採用したのか分からない

 

 

思い返すと、色々と酷いこと言われてました。けれど、言い返すことができません。
だって、実際に何もできなかった。

 

 

出来ないことがとにかく辛かった。
それが新人デザイナーの頃の僕の唯一と言っていい思い出です。

 

 

 

 

 

悔しさがあるうちは続けられる

 

 

study

unspulash https://unsplash.com/

 

この頃はかなり病んでいた時期でもありました。
やることなすこと何もかもダメ。体重もかなり落ちていたと思います。

 

できない自分に諦められたらきっとすぐに辞めていたと思います。
それでも辞めれなかった。それは悔しさがあったからです。

 

悔しいという気持ちは、まだ頑張りたいという意欲そのものです。
僕はそもそも「出来る人間」じゃない。
予備校の時も美大の時も常に「出来ない人間」でした。
絵が上手い、デザインが上手い、デザイナーには色々な要素が必要です。
そのどれもが全く足りてない。

 

それでもずっと続けてきた。
それはやはり悔しかったからです。

 

そこに気づけたからこそ、僕は今もデザイナーを続けています。

 

 

 

悔しくて仕方なくて、勉強した。

 

 

勉強するイメージ

unspulash https://unsplash.com/

 

 

一朝一夕で、デザインが上手くなるのなら苦労はありません。
それでも何もしなければ、いつまでも出来ない人のまま辛い思いだけが続きます。

 

僕は色々なことに手を出しました。
平日は実務で全く何も出来ませんでした。
なので土日で勉強をしていました。
自宅には最新のMacやAdobeがなく、内緒で会社にでて勉強や自主制作をしていたこともありました。

 

デザイナーの勉強には2種類があります。
ひとつはソフトの習熟、レイアウトの基本などすぐに役に立つもの。
もうひとつはデザインやタイポグラフィの知識など、センスを磨くためのもの。

 

デザインの良し悪しを判断したり、アイデアを思い浮かべるには知識がなくては何も始まりません。
書籍を読み、ブログもその延長線上で書くようになりました。
読んだ内容をアウトプットする場を求めたからです。

 

過去に新人デザイナーの仕事の内容などを記事にしましたが、これは個人的な自分の備忘録でもありました。
過去の自分にこう言ったことを意識するといいなど教えるつもりでまとめたものです。
もし、いまあなたが新人で僕と同じように悩んだり辛いと思っていたら、一度読んでみてください。
何かの参考になるはずです。

 

関連記事

  いざ、デザイナーとしてデビューするとして、新人デザイナーの仕事ってどういったものがあると思いますか? 意外に、どういう事を実際に行うかは想像するのが難しいかもしれません。 そこで今回は新人デザイナーの仕事の中[…]

 

関連記事

これまで新人デザイナーの仕事を紹介してきました。 今回は具体的なデザインの実制作のお話をしていこうと思います。 これまで紹介したものがデザインのマインド的な部分が多かったですが、 今回はより実務的なお話となります。 […]

 

関連記事

新人デザイナーの仕事には資料探しやカンプ制作の他にもアイデア出しというものがあります。 これは文字通り、デザインのアイデアを考える作業です。 ある意味、デザイナーとして成長できるかはこのアイデア出しをどれだけ真摯に取り組んできた[…]

 

関連記事

  デザインが上手くなるにはどうしたらいいんだろう……どんな勉強をすればいいのかな   デザイン力を上げるにはどうしらいいか。これはよくある悩みではないでしょうか。 どんな勉強したらい[…]

 

 

 

ソフトの技術は普段の実務とUdemyなどの動画教材などで習熟度をさらに上げていきました。
結局、ソフトが満足に使えなくては仕事は早く進行できません。

 

その時に合わせて意識したことは、ただソフトの習熟度を上げていくだけではなく、その後の制作のイメージをしっかりと持つということです。
例えば仕事をふられた時に、その仕事はどういう工程で進めるのかを頭の中でしっかりと想定しました。
想定をせずに進めてしまうと、必ず迷走します。

 

迷いが結果として仕事のスピードを遅めますし、何より1〜10まで完成図を想定できなくては間違いなくプロレベルにまでは仕上がりません。
頭の中の10など実際に仕上げると6くらいの完成度です。
そこからフィードバックをもらったりブラッシュアップしたりの時間を考えたら、最短で進行してかなくてはいけません。
だからこそ時間管理についても勉強するようになりました。

 

関連記事

    デザインを勉強する上で、ソフトの使い方は必須です。   デザインソフトに関して、世の中には色々な書籍が溢れていますが、はっきり言えばそれらの書籍を買うよりUdemyのデザイン講座[…]

udemyイメージ画像

 

関連記事

デザインという仕事はやろうと思えば、いくらでも時間をかけてクオリティを上げていくことができます。 だからこそ、締め切りギリギリまでクオリティを上げようと模索し、時間をかけ過ぎでしまうデザイナーが少なくありません。   […]

 

関連記事

新人デザイナーとしてキャリアをスタートさせたは良いけど、仕事が目まぐるしく進行してわけが分からなくなっちゃう……     新人デザイナーは日々の業務のスピード感になかなかついていけず、悩むこ[…]

 

 

その他、新たな武器を手に入れたくてWebデザインのスクールに通ったりなどもしました。

関連記事

      最近はWebデザインの需要が高まりつつあります。 特に最近はテックアカデミーなどがCMなどたくさん出していますよね。 CMを出せるのはそれだけ儲かっている証拠でもありま[…]

 

 

辛いと思うのは変えたいと思っているから

 

辛いという気持ちは根本には今の現状をどうにかしたいという思いから生じます。
あなたは何を辛いと思っているのでしょうか?

 

僕の場合は仕事ができないことでした。

 

もし、同じような気持ちで辛いと思っているとしたらそれを解決するのは実力をつける以外にはありません。

 

 

それには勉強をしたり、自分なりにそれをアウトプットする環境をつくっていく必要があります。
いきなり結果がついてくることはありません。
今日辛かったことが明日辛くないなら苦労はないですよね。分かります。
ですが、辛いことと向き合わなくてはいけない時が必ずきます。
もしそこに悔しさを感じているのであれば、きっとあなたは頑張れると思います。

 

そして、もしデザインという仕事そのものに嫌気がさして辛いと思っているのであれば、僕はすぐにでも辞めてしまうことを勧めます。
嫌なことを我慢することは確かに美徳かも知れません。
でもそれは、そこにやりがいなど何かしらの価値があるからです。

 

そこに何も価値を見出せないのであれば、きっと続けても仕方のない話だと思います。
時間は有限です。自分にとって本当に価値のあることにこそ向き合うべきです。

 

まとめ

 

 

今回は仕事が辛いと感じている新人デザイナーさんに向けて記事を書きました。
僕も辛い時期がありました。今も時々、辛いです。笑

 

ですが、何かを変えたいと思ってこの記事をクリックしたのだとしたら、きっと頑張れると思います。
仕事ができなくて辛いという気持ちは間違いなく起こりますし、避けられません。
それでも何か変えたいと思っていたからこそ、同じような経験をした人の話を聞きたいと思った筈です。
僕がそうでした。後押しをしてくれる言葉が欲しかった。

 

なので大丈夫です。きっと上手くいきます。

depressed
最新情報をチェックしよう!