【未経験、転職、副業など】Webデザイナーになるのにスクールは本当に必要なのか目的別に考えてみた

昨今は在宅での仕事としてwebデザイナーが注目されています。
領域としては絵心がなくても参入できるため、副業や未経験者の転職としても選択肢の候補に上がることでしょう。
また本職のデザイナーの中でもこれからの需要を考えて、Webデザインを学びたいという人も多くいます。(僕もそうでした)

 

場合はどうあれ、皆さん最初に考えることがWebデザインのスクールに通うべきなのかどうかです。

 

これは目的などでも大きく変わってくると思います。
僕は実際にwebデザインのスクールに通ってみた経験もふまえて、お話しできたらと思います。
ぜひ、参考にしてみてください!

 

 

 

Webデザインの需要が高まり、副業や転職など様々な理由でwebデザインスクールに通うか検討している人が増えてきています。
しかし、webスクールはやはり高額です。慎重になって然るべきです。
そこで、今回は自身の経験も踏まえて、本当にWebデザインスクールに通うことは必要なのか、副業や転職など目的別に解説していきたいと思います!

 

WebデザイナーになるのにWebデザインスクールは必要なのか

 

unspulash https://unsplash.com/

 

 

そもそもWebデザイナーになるのにWebスクールに通う必要はあるのかについてですが、結論から言います。

WebデザイナーになるのにWebスクールは必要ありません。

 

そもそもデザイナーという職は資格がいる職ではありません。
なので、デザイナーになるのに専門的な学校を卒業することは必ずしもマストではないのです。

 

Webデザインスクールのメリット

 

Webデザインスクールに通うメリットは、プロからスキルを順序立てて教えてくれることとコネクションを作ることにあると思います。
具体的に解説します。

 


 

プロからスキルを教えてくれる

当たり前ですが、スクールではWebデザインに必要なスキルをプロから直接教わることで身につけることができます。
自主的な勉強との違いはプロが教えてくれるという点です。
プロとはすなわち「デザインでお金を稼げる人」です。

そういった人からノウハウをもらえるのがWebスクールの最大の魅力でしょう。
はっきりいって、WebデザインのスキルだけならUdemyなどの動画教材や、書籍などでも十分に習得することができます。
それでもスクールに通う人が多いのはプロのノウハウがあってこそです。
書籍や動画教材ではなかなか教えてもらえない内容というのも当然あります。
そこを補完できるというのはとても大きなメリットとなるでしょう。

 

コネクションを作る

コネクションとはすなわち業界関係者との繋がりです。人間関係はどんな仕事でもつきものです。
全くの未経験や異業種からの転職となると、全くの実績がない人間なので仕事をなかなか受注できなかったり、転職活動に苦労したりなどよくあります。
ですが、スクールに通うとなると、そのスクールが仕事を持ってきてくれたり、新しい転職先を紹介をしてくれたりというサポートがあります。

また、通っている人間や実際にプロとして働いている講師との繋がりもできて、全くの0ベースからのスタートよりはるかにアドバンテージを得ることができます。

 


 

主にはこの2つがwebデザインスクールに通うメリットと言えるでしょう。

 

 

 

Webデザインスクールに通うべきかどうか目的別に解説

 

 

unspulash https://unsplash.com/

 

Webデザインスクールのメリットを解説したところで、次に目的別にスクールに通うべきかどうかを解説していこうと思います。

 

 

副業としてWebデザインを始めたいと考えてる人

 

まずは副業目的でWebデザインをやってみたいと考えてる人についてです。
このタイプの人はスクールに通う必要はありません。

 

副業レベルのwebデザインというのはいわゆるバナー制作や簡単なLPサイトのデザインとなるでしょう。
はっきり言えば、このレベルであれば動画教材やWebデザインの基礎知識、レイアウトの勉強などを1ヶ月くらいみっちりこなせばできると思います。

 

デザインと聞くとすごく難しい印象を抱きますが(実際難しいですが)全くの未経験者にくる副業レベルはそんな程度です。
なので、数十万も払ってWebデザインスクールになど通わなくても、Udemyなどの動画教材を数千円で購入して、AdobeのXDやPhotoshopを自宅のPCに導入して1ヶ月くらいきちんと勉強すればすぐに元を取れて黒字にできます。

 

副業をする理由は少しでもお金を得たいという理由だと思います。
それなのにwebスクールで大金を払うのは本末転倒です。
副業で稼ぎたいのであればまずは、どれだけお金をかけずに自主的に学ぶかを意識するのが良いと思います。

 

関連記事

    デザインを勉強する上で、ソフトの使い方は必須です。   デザインソフトに関して、世の中には色々な書籍が溢れていますが、はっきり言えばそれらの書籍を買うよりUdemyのデザイン講座[…]

udemyイメージ画像

 

 

ただし、将来的にフリーランスとしてしっかりと活躍したいと考えている場合はスクールに初めから通うというのも選択肢に入ると思います。

 

 

未経験からデザイナーになりたいと考えてる人

 

続いては未経験(新卒や異業種)から Webデザイナーになりたいと考える方です。
このタイプの方にはWebデザインスクールは通うことをオススメします。

 

Webデザインはやはり自主的に学べるし、情報はたくさんネット上に上がっています。
しかし、全くの未経験や異業種からしっかりとしたWebデザイン会社に就職したいと考えた時に、どうしても個人の力だけでは達成は難しいのが現状です。
副業でのWebデザインと本職のWebデザインでは求められるスキルもデザインの規模も段違いです。

 

少しでもプロのノウハウやコネクションがあるだけでも、アドバンテージとなります。
未経験で、もし悩まれているとしたらまずは説明会だけでもすぐに受けてみた方が良いと思います。
新しいことに挑戦するのに年齢は関係ありませんが、それでも早くに挑戦する方が有利なのは変わりません。

 

 

デザインの知識や経験を持っているがwebの知見がない人

 

これは僕がそうだったのですが、実際にプロの現場でデザインをしているが、Webデザインは領域外の人です。
このタイプの人はまずは落ち着いて、「Webの知見を手に入れて何をしたいのか」を考えてみるのが先決です。

 

そのままWebデザイナーとして活躍していきたいのか、それとも今の領域での仕事は続けたいが何となくwebの知識を身につけておこうと考えているのか。
そこをきちんと想像しておかないとせっかくスクールに通っても生かすことなく終わってしまいます。

 

もしWeb領域で活躍していきたいと考えるのであれば、Webデザインスクールに通うのは選択肢としては十分に考えられます。
しかし、あくまで知見として身につけたいという程度の話であれば、自主的な学習で留めておく方が良いでしょう。
これは僕自身も失敗してしまったなという経験なのですが、

 

すでにデザイナーとしてある程度の経験を持っている人にとってはWebデザインスクールで得られるものは少ないと思います。
通うからには、やはり明確にWebデザインに自分の生業をシフトしようと考えていなくては無駄になってしまうでしょう。

 

 

 


 

まとめ

 

今回はWebデザインスクールに通うことが本当に必要なのかについて記事にしました。
安直に、Webデザインスクールに通うと後々で後悔がきっと起こります。

 

まずは自分がWebデザインスクールに通ってどうなりたいのかを明確に分析してみるのが大切です。
ぜひ今回の記事を参考に自己分析をしてみてください!

 

Webスクールを検討されてる方へ

      最近は在宅でもできる仕事としてプログラミングやデザインの分野が注目されています。 僕自身、今はほぼ在宅でデザイナーとして働いています。   現場で働[…]

 

実際にWebデザインスクールに通ってみた体験談

      最近はWebデザインの需要が高まりつつあります。 特に最近はテックアカデミーなどがCMなどたくさん出していますよね。 CMを出せるのはそれだけ儲かっている証拠でもありま[…]

 

 

最新情報をチェックしよう!