NFTとは?新たなビジネスの可能性?注目される理由などわかりやすく解説します。

NFT

最近、メディアなどで扱われることの多い「NFT」。
その加熱ぶりは日に日に高まってきています。
例えば、広瀬すずさん写真集の未公開カットのNFTを発売、加山雄三のデモ音源、つい先日には岸田総理のNFTトークンなど話題に事欠きません。

 

 

 

 

投資においても注目をされており、東京都の8歳の少年が作ったデジタルアートが最高180万円で取引され、高額な売買が行われています。
このようにアートや音楽やゲーム、ビジネス、投資といった多くの事柄を横断してNFTは広がりつつあります。

 

 

なんだか凄そうなのは分かるけど、そもそもNFTってなんなの?
一体、どんなことができて何が良くてみんなが注目しているのかな?

 

NFTといきなり言われてもピンとはきませんよね。
そこで今回はNFTについて初心者の方にもわかりやすく解説していきます。
NFTは今まさに注目されつつある革命的な最先端技術であり、これからの世界を大きく変えていく可能性があります。

 

 

 

 

NFTとは?

 

 

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略で、日本語にすると『非代替性トークン』という意味になります。

非代替性を簡単に説明すると、替えが効かないという意味です。
トークンとは、『データや通貨、モノ、証明』などの意味があります。
つまり、NFTとはそのデータが唯一無二の一点ものであることを証明できる技術というわけです。

 

 

なぜNFTにする必要があるの?

NFTが唯一のオリジナルの証明であることが理解していただけたと思いますが、ではなぜNFT化する必要があるのでしょうか?
その理由は人が唯一性や希少性に価値を見出すからです。

これまでのインターネットは様々な情報が錯綜し、皆が自由にアクセスし、所有をしてきました。
それにより発展していったのです。
しかし、インターネット上にある情報は、コピーされたり改ざんされたりするリスクがあるため、その価値を証明することが難しいという問題がありました。

例えば、ここにあなたが描いたイラストがあるとしましょう。
この画像は誰でも簡単にコピーして自分のスマホやPCに保存ができますよね?
つまり大多数の人間が自由に所持し、場合によっては改竄や著作権侵害なども起こりうるため本当の意味で価値のあるものにはなり得なかったのです。
しかし、NFT化することによって、この画像は唯一の1点ものとして生成されることになります。
デジタル上での唯一無二の資産となるわけです。

 

こうしてオリジナルを証明でき、希少性を高めることでデジタルで生成されたものに価値をつける。
そうすることでそれまで複製可能ということで軽視されてきたデジタル作品(イラスト、音楽、写真など)に新たな楽しみ方やビジネス市場を生み出していくことになります。

 

NFTによって得られるもの

 

最近で例を挙げると千葉ロッテの佐々木投手が槇原氏以来の完全試合を達成しました。まさに名シーンですよね。
それはファンにとって劇的であり、興奮する至上の体験と言えるでしょう。
そして、家に帰ればそのシーンは大量にネットに出回り、何度も繰り返し消費されていくことになります。

本来であればこの名シーンはチーム、選手が生み出した資産と言えます。

もしこの名シーンを所有することができれば、消費物ではなく唯一無二の価値を持ったものに変えることができます。
さらにビジネスとしてその名シーンを売買することも可能です。
今までのやり方ではどれだけ感動する名シーンを生み出しても、チームや選手に還元する方法は限られていました。
せいぜい、DVDで売ったり、YouTubeで広告をつけてちょっとした広告費を得られる程度です。

しかし、NFTによって名シーンを唯一無二のデジタルデータとしておければ、立派な資産として活用できます。
つまり、これまでにはなかった新たなビジネスが誕生するわけです。

 

 

具体的なNFT事例1 NIKE スニーカー

2021年12月13日、ナイキがNFTスニーカー企業を買収しました。
そして先月、初となるNFTのシューズが発表されました。今後、例えばメタバースと呼ばれる仮想空間が実用性を帯始めてくるとこのようなアパレル分野の企業もデジタルの衣服をNFTとして販売する未来も訪れるかもしれません。

 

 

具体的なNFT事例2 ツイート

 

 

2021年3月22日、ツイッター創業者ジャック・ドーシー氏の15年前のツイッター初投稿がオークションにかけられ、3億円超の高値をつけました。NFTによってツイートのようなデジタル資産も競売できるという事例となりました。

 

具体的なNFT事例3 イラストレーターさいとうなおき氏

 

 

ご自身の動画でも報告されていますが、イラストレーターのさいとうなおき氏のNFTイラストが600万円という高値で取引されました。
売れっ子を除けばイラストレーションの1点の単価はせいぜい数万が相場の中でこの価格がいかに破格か理解頂けると思います。

 

 

 

 

NFTの特徴まとめ

 

様々な活用がされ始めているNFTですが、ここで改めてNFTでできることや特徴を整理していこうと思います。
NFTの利点は主に3つです。

 

安全な取引ができること

NFTによって、デジタル作品の価値が証明できるので、インターネットを通じて安全な取引が気軽にできるようになります。
それは画像や動画、音楽だけに止まらず、例えばゲーム内のアイテムなどにも変換することができます。

これまでは、インターネットのオークションに価値あるデジタル作品が出品されていたとしても、NFTがなければ、それが本物であるかを見極めることが難しかったです。

しかし、NFTのマーケットプレイスで取引すれば、そのデジタル作品がNFTによって本物であることを証明してくれるようになりました。

 

不正に改竄、著作権侵害を防げる

NFTによって、デジタル作品の唯一無二性が保証され、所有者を明確にすることができます。
この情報は、※ブロックチェーンという技術によって保護されているので、第三者に不正に改ざんされる心配がありません。

トレパク、無断転載、著作権違反といった話題は時折、世間を騒がせます。
デジタル作品を不正にコピーされたとしても、NFTがなければ偽物ということになります。
本物の価値はNFTによって守ることができるのです。

 

※ブロックチェーンとは一度作られたデータを二度と改ざんできないようにする仕組みです。データを小分けにして暗号化し、それを1本のチェーンのように数珠つなぎにして、世界中で分散管理されています。そのため、コピーしたり、改ざんしたり、データが消えたりすることがありません。

 

資産として、取引し価値が高まる

デジタル作品にNFTが紐づけられることで、デジタル資産となり唯一無二の価値を持つことができます。

当然、人気のあるデジタル資産は、コレクションやオークションによって高額で取引されるようになります。

実物の絵画のような芸術作品では、今までの所有者の履歴が、その作品の価値を決める要因のひとつとなっています。
NFTによって、デジタル資産も所有者の履歴が残せるようになりました。

市場に出てしまうと転売がつきものです。転売されることで制作者にはこれまでメリットはありませんでした。
しかし、NFTなら転売されるごとに著作者に報酬が支払われるような設定をすることが可能となっています。

こういった点でもビジネスとして大きな可能性を秘めています。

 

NFTマーケットプレイスの一覧

 

NFTを売買するには、NFTマーケットプレイスを利用する必要があります。
マーケットにはアートや音楽、映像、ゲームのキャラクターやアイテムなどがあり、仮想通貨で取引が行われています。

日本での普及はまだまだこれからなところではあるのは事実です。仮想通貨で取引というのもいささかハードルが高いかもしれません。まずは各サイトを見てみて、その雰囲気を確かめることから始めてみましょう。

 

海外 国内
OpenSea Coincheck NFT(β版)
Rarible Adam byGMO
SuperRare nanakusa
Nifty Gateway NFTStudio

 

 

NFTのメリット

デジタル資産を売買できる

これまで価値の証明が難しかったデジタル資産の売買ができるというメリットはとても大きいです。
デジタルな作品を作る人にとっては、収入源を確立することができ、デジタル資産を投資目的で買う人が増えれば、大きなマーケットとなります。

世界最大級のNFTマーケットプレイス『Open Sea』では毎月20億ドル以上の取引がされています。
そして、その市場は年々拡大しつつあります。

 

事務手続きなどを省略できる

NFTに使われるイーサリアムには、スマートコントラクトという機能が搭載されています。
スマートコントラクトを使えば、『契約の自動化』ができます。

従来の契約では、第三者を仲介者にしたり、複雑な書類をやりとりする必要がありました。仲介や書類の存在が安心して取引をするためです。

しかし、NFTを利用することで、ブロックチェーンの技術により信頼が担保されます。
スマートコントラクトによって確実に契約が実行され、価値の移転が行えるからです。

そのためNFTを活用すれば、これまでの複雑な契約が不要になります。お金を入れて商品を選べば、その商品が自動で入手できる自動販売機と同じ理屈で、いちいち契約書を交わしたり、第三者を仲介させることなく、契約が自動化できようにようにもなります。

 

不正、改竄されない

これまでのデジタルデータのやりとりでは、データが改ざんされたり、コピーされたりしてしまう危険性がありました。
しかし、NFTがブロックチェーンによって価値を証明することができるので、不正や改ざんを起こすことはできません。
つまりNFTを利用することで、デジタル資産の価値がしっかりと保護されます。

 

 

NFTのデメリット

 

法整備がまだまだ不十分

NFTはあくまでオリジナルの所有者として宣言するという仕組みであって、データそのものを入手するわけではありません。
なので資産としてデータを手に入れても、民法上の所有権や著作権は依然として作者の元にあります。
そして、このあたりの法整備にはまだグレーな部分もあり、そういった点でもトラブルが起きるデメリットを抱えています。

 

仮想通貨の価格変動に大きく影響を受ける

NFTは仮想通貨を使用して売買が行われます。仮想通貨は常に著しく価格が変動してしまうため急騰、急落が頻繁に起こります。
うまく市場に乗れていれば大きな利益も出せますが、タイミング次第では購入時から価格が大きくマイナスになってしまうなど投資として見るとかなり不安定な品物ではあります。

 

 

NFT 将来性、今後の課題は?

 

NFTによって、デジタル資産の取引がこれまでより格段に安心してできるようになりました。
それによって、デジタルアートを購入したり、仮想空間を使って新しいビジネスの取引をしたり、ゲームの中で世界中の人とアイテムの売買を行ったりすることができ、リアルとバーチャルを繋ぐ架け橋としても注目を浴びています。

実際に今でもスポーツ選手や人気アイドルのNFTトレーディングカードや。仮想空間で育てたペットを売買したりなど市場としても確立しつつあります。ブロックチェーン、仮想通貨、メタバースなどいわゆるweb3.0の台頭によって、NFTの可能性はどんどん拡がっているのです。

INTERNET Watch

 フィンテックカンファレンス「FIN/SUM 2022:Fintech Summit」が、2022年3月29日から31日…

 

さらに、NFTはデジタル作品ではなくても、現物でも利用できます。
不動産やブランド品などにも応用が考えられていますし、NFTはデジタル上の証明書なので、唯一性や所有を証明できるものであれば、現物であっても活用することができます。いつかは運転免許証といった身分証などもNFT化するかもしれません。

NFTによって安全に個人間取引ができたり、ビジネスのスピードをアップさせることができるので、
今後はさまざまなシーンでのNFTの活躍が期待できます。

ただし、NFTにも課題があります。
一番は法整備がまだ未成熟な点です。これまでの既存の法律には当てはまらないことが多々あり、
国や国際法などの強い規制によって、NFTの普及にブレーキがかかる可能性もあります。

またブロックチェーンは安全でも、暗号資産取引所やNFTマーケットプレイス、ウォレットにセキュリティ的な問題が発生する場合も考えられます。

警察に相談しても、まず仮想通貨を盗まれたら取り返すことは難しいです。実際、NFTをプレゼントすると言ってウィルスソフトを送りつけて資産を奪われるということが発生しております。
損害が出ても自己責任となってしまうこともあるでしょう。

 

だからこそNFTは手放しで迎え入れるのではなく、慎重に見極めていく必要があります。

 

 

 

 

まとめ

 

今回はわかりやすくNFTについて解説しました。
僕はこのNFTというテクノロジーにとても可能性を感じています。
しかし、現状はまだまだ発展途上です。

手放しで、皆にNFTをはじめようと勧められるものではありません。
ただ今この時も様々なビジネスシーンでNFTの存在感が高まってきているのは事実です。
それが一過性のものになってしまうのか、それとも今後の社会に必要なシステムとして組み込まれていくのか、

 

非常に今後が楽しみな存在です。
今後も、最新トレンドに注目していきたいところです。

 

 


 

最新情報をチェックしよう!