Illustratorのブレンドで中間色を手早くつくる方法

前回は中間色についての記事を書きました。
中間色は配色に置いて非常に重要な要素です。
今回は実制作のテクニックとしてIllustratorのブレンドを使って手早く中間色をつくる方法を紹介しようと思います。

 
 

 

ブレンドは2つのオブジェクトから中間の形状を生成するIllustratorの機能です。
これは同時にオブジェクトの色も変化させていくことができます。
これを利用し、異なる2色が設定されたオブジェクトの中間色を割り出していきます。

 

2つのオブジェクトのカラーをブレンド

 
 

まずは適当なサイズの正方形を2つつくります。
そして、それぞれに違う色を配色します。
この際、線はなしで塗りのみで大丈夫です。
つくったオブジェクトを全選択し、プルダウンメニューのオブジェクト→ブレンド→作成を実行してみてください。

 

すると、このように黄色と青の中間色がグラデーション調に生成することができました。
このままでは色を拾うことができないので、ブレンドから拡張を実行することで、オブジェクトに分割ができます。

 

 

しかし、これでは細かすぎてどうにも不便ですよね?
そこで使うのがブレンドオプションのステップ数機能です。

 
 
 

このようにブレンドオプションをクリックし、間隔のプルダウンメニューからステップ数を選び、3と入力してみましょう。そのままOKをクリックし、先程と同じ手順でブレンドを実行してみてください。

 
 

するとこのようにブレンドを生成することができました。
ここから同じようにブレンドの拡張を行うことでそれぞれを分割することができます。
あとはこれらのオブジェクトを選択し、スウォッチに登録すれば簡単に中間色のパレットがつくれます。

 

色相以外にも彩度でも同じようにブレンドを行うことができます。

 

このように一番左と右のオブジェクトの色さえ指定してしまえば、あとは完全に自動で生成ができます。

 
 

まとめ

 

このようにIllustratorのブレンド機能は様々な応用を行うことができます。
必ずしも、本来の使い道とは違う機能も応用次第です。
Illustratorはそういう意味でもとても応用性の高いグラフィックソフトです。
今後もこういったちょっとした応用機能を紹介していこうと思います。

 

 
 
最新情報をチェックしよう!