Illustratorで流れるようなリボンをとっても簡単に作る方法

今回はIllustratorで流れるようなリボンの作り方を解説しようと思います。
何かとこのようなリボンのあしらいは使う機会も多いと思うのでぜひ覚えておきましょう。

 

ペンツールで波線を作ろう

まずはペンツールを使います。
ショートカットキーはPです。

そのまま適当に波線を書いてみましょう。
多少歪でも問題ありません。

 

3D機能で立体表現にしましょう

 

続いて、立体的に表現をしようと思います。
あとで調整がしやすいようにアピアランスを使いましょう。

 

 

メニューバーのウィンドウにカーソルを当てて、プルダウンメニューを開き、アピアランスを選択しましょう。
次に、アピランスの効果メニューから→[3D]→[押し出し・ベベル…]を線を選択したまま適用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

この立方体をぐるぐると動かしながらリボンのうねりを作っていきましょう。
ワイヤーフレーム表示にすることで、リボンの重なりの部分がわかりやすくなるので、調整に使いましょう。
良い塩梅に形が作れたら表面のプルダウンメニューを陰影なしにしてOKをクリックしましょう。

 

 

これがベースの形となります。

 

アピアランス分割でベタに変えよう

 

 

先ほど作ったベースのリボンを選択し、オブジェクトメニューからアピアランス分割を選択します。
そうすることで線のデータがベタのデータに変わります。

 

続いてこのオブジェクトを選択し、グループ解除をしましょう。(⌘+shift+G)
そうすることで、リボンの折り返しをそれぞれ選択できるようになります。

続いて、不要なパーツをダイレクト選択ツールで選択して、削除します。
そうすると繋ぎ目ができます。

 

色分けを行いましょう

 

この繋ぎ目のアンカーポイントを選択ツールで選択し、形を調整しましょう。
あとは立体感を意識して色分けを行いましょう。

 

どうでしょう。
これでリボンの完成です。
これを応用して、例えばリボン全体にグラデーションを乗算して、質感を出したり、色々な形状を作ることができます。

 

ぜひ色々と試してみてはいかがでしょう?

 

最新情報をチェックしよう!