初めてデジタルイラストを描きたい人向け。iPadで使えるイラストアプリを紹介

イラスト制作に置いて、デジタルでの作業環境は最早必須となっています。

ですが、PCでのイラスト制作はやはりどうしても初期投資にやや難易度があります。
PCのスペックが低いとイラストソフトの動作が重くなりストレスばかりがたまります。
またイラストソフト自体も高価なものになってくるとそれなりの値段をはりますし、安価なものではすぐに表現の幅に不満が生じます。
そして、何よりソフトとPCだけでなくペンタブレットを購入しなくてはとてもではありませんが、イラストが書けないときています。
(マウスでは限界があります)

 

つまり初めてデジタルでのイラストに挑戦しようとなると、PCとイラストソフト、ペンタブレットという3種を揃えなくては
スタートを切れないというわけです

 

正直、これはあまりスマートではありませんよね?
なるべく一つの媒体でイラスト作業が完結でき、作業環境に依存しないのがやはり一番です。
そこでおすすめしたいのがiPadでのイラスト制作です。

 

iPadは最近ではApple Pecileなどのスタイラスペンの開発によって、それ一つでイラストを描く環境が整っています。
プロのイラストレーターでもサブ機としてiPadを使ってイラスト制作をする人が増えています。
それは何よりも利便性の高さにあると言えるでしょう。

だからこそ、今回はiPadでイラスト制作を行うのにおすすめのイラストアプリを紹介しようと思います。

 

 

 

Procreate(プロクリエイト)

 

 

 

 

 

iPadのイラストアプリにおいて間違いない選択肢として、Procreateは外せません。

操作性、機能性の高さはもちろん。
抜群の使いやすさで、ほぼこのProdreate一つで完結できると言っても過言ではないからです

 

 

では具体的にProcreateの良い点を紹介しようと思います。

 

 

ブラシが非常に豊富であらゆる表現に対応できる

これはデジタルでのイラスト制作をしたことのない人にはピンとこないかもしれません。
わかりやすく説明すると油彩や水彩、鉛筆など様々な画材のタッチや質感を再現したものがブラシです。
つまり、このブラシの数が多ければ多いほど、イラストの幅が大きく広がるということが分かると思います。
そして、驚くことにProcreateはデフォルトで備わっているブラシはなんと100種類を超えているのです。

最初の頃はこのデフォルトブラシのみで十分にイラスト制作を行うことができます。
またこの大量にあるブラシたちをカスタマイズして自分のオリジナルのものを作ることもできます。

 

 

シンプルな操作性

初心者ではイラストソフトの機能など複雑で少し躓きやすいかもしれません。
それ自体はどのイラストソフトも避けては通れない悩みではあります。
その中でProcreareはかなりシンプルな操作性を売りにしています。

こればかりは触れれみなければという所ではありますが、他のイラストソフトと比較しても
その操作性がかなりシンプルであることがわかってくると思います。

Procreateはユーザー数もかなりいるので、解説動画やブログなどたくさん見つかると思いますので、
最初のうちはそれらの情報に頼るのがいいと思います。

 

 

機能性の充実

操作性は実にシンプルですが機能はものすごく豊富です。
描画ガイドが豊富であったり、レイヤーの構造も分かりやすく、
他にもイラストソフトでは珍しくテキスト入力やフリーハンドでも直線曲線が綺麗に引けます。
制作過程を動画として書き出すこともできますし、簡単なアニメーションも作ることができます。

この他にも紹介し切れないほど機能が充実しています。
故に、使いこなせず持て余すなんてことも起こりうる部分はありますが、
それはやはり新しく学んでいく分野でしょう。

逆に言えば、そうやって機能を学んできて、使いこなせるようになった時に、
機能が少なくて不満が生じるなんてことがあるよりかは、
多少、持ち腐れをしていても機能が充実していた方がお得と言えるでしょう。

 

 

価格帯

Procreateは昨今では珍しく買い切り型のアプリケーションです。
値段は1220円とプロレベルの機能性を持ったソフトとして考えると実に安価です。

その上、解説動画、記事の充実。
ブラシなども豊富など考えても買って損はないと断言できます。

 

 

 

 

Adobe Fresco

 

Adobe FrescoはIllustratorやPhotoshopと言ったプロの現場で必ず使われるグラフィックソフトを開発しているAdobe社から
リリースされたイラストレーションアプリです。

 

 

 

 

 

 

具体的の良い点を紹介していこうと思います。

Fresco独自の機能ライブブラシでリアルなアナログ感が楽しめる

Frescoにはライブブラシという機能が備わっています。
これは実際の水彩絵の具の質感や滲み、色の混ざりなどをかなり正確に再現して描写することが
できます。
こちらの動画をご覧ください

 

 

 

この動画だけでも分かると思いますが、もの凄くアナログ感の再現度が高いです。
これほど忠実に表現処理を行えるのはFrescoの大きな魅力の一つです。

 

 

Adobeというブランド力

Adobe社はアプリケーションの開発に積極的です。
Adobe Frescoはリリースして間もないということもあり、随時アップデートされています。
更新頻度が非常に高いので、それだけ機能性や性能の向上が期待できます。
Adobe自体iPad関係で使えるアプリケーションの開発を進めていく傾向にあるため、
どんどん進化していくことは間違いないでしょう。

またAdobeのソフトはプロの現場でも広く浸透しており、その互換性がきちんと
しているという点も非常に魅力であります。
ドローソフトに足りないちょっとした加工をPhotoshopで補うなども問題なく行える
のが強みと言えます。

 

 

価格帯

Adobe Frescoは月額制のアプリケーションです。
値段は月額980円で6ヶ月は無料で全ての機能を使えます。
ブラシの種類に制限はありますが、無料版もあるのでお試しに使うことも十分に可能です。
目玉のライブブラシも使えるのでぜひお試しください。

 

 

 

 

CLIP STUDIO for iPad(クリスタ)

 

 

 

 

 

クリスタはPC用のイラスト制作ツールとして開発されました。
それをiPad用に新たに開発されたのがこのCLIP STUDI for iPadです。
クリスタは元々かなり人気のあるPCソフトだったこともあり、一定数の人気を誇っています。

 



 

ではクリスタの特徴を書いていこうと思います。

 

 

マンガやイラストの制作に特化

クリスタは特にマンガやイラストの制作に特化して開発されてきました。
特に漫画に関しては背景素材や吹き出し、効果線と言ったものも多数用意されているため、
漫画を描く際には先に紹介したProcreateやAdobe Frescoよりも得意としています。

イラストを一つのデータで複数ページ管理したり、Kindle用に書き出したりなど、
漫画を作るのに必要なものは全て揃っています。
これは他にはない魅力です。

 

 

アニメーション作成もできる

クリスタはPROプラン、EXプランの2種類があります。
上位プランのPROブランでは複数枚のイラストを順番に表示して、アニメーションを作ることができます。

Procreateもアニメーション機能がありますが、より細かに調整することができます。

 

 

PC版の購入を検討してる人におすすめ

クリスタはPC版との互換性も備わっており、iPadで制作したイラストをすぐさまPCで編集したり、その逆も可能です。
ProcreateやAdobe Frescoは作ったイラストをPCで編集する際にはPsd形式で書き出す必要がありますが、PCで編集したものを
再度、iPadで編集するのには適していません。
つまりProcreateやAdobe FrescoのイラストをPCで編集するのは仕上げの段階のみとなってしまうわけです。

そういう意味で場所を問わずにPCとiPadで使いわけをしていくことができるクリスタはストレスなく
作業を行うことができます。

 

 

価格帯

クリスタは月額制です。EXプランとPROプランの2種類があります。
EXプラン480円(6ヶ月は無料期間) PROプラン980円

 

 

先ほどにも述べましたがアニメーション機能が欲しい場合はPROプランにする必要がありますが、
マンガやイラストのみで良いのであればEXプランで事足ります。

プラン比較はこちら

 



 

まとめ

 

3つのアプリを紹介しました。それぞれに良さがありますが、いまいちどれを選んだらいいか分からないと思いますので、
それぞれを簡単にまとめます

 

 

・Procreate
初心者でも扱いやすく、機能が充実している。Procreate一つでほぼほぼ完結できます。

 

・AdobeFresco
ライブブラシという独自の機能で、水彩や油彩などのアナログの表現がかなりリアルの再現できる。
今後の開発にも期待がもてる。
Adobes製品との互換性も魅力。

 

・CLIP STUDIO
クリスタは漫画やイラスト制作に特化したアプリケーションです。
また、PCとiPadでの連携が得意です。

 

 

いかがでしたでしょうか。
個人的には悩む場合はProcreateをオススメします。
やはり、それ一つで完結できるだけの機能も備わっていますし、利用者も多いので情報も集めやすいです。
AdobeFrescoはアナログ表現に強みがあり、今後のアップデートに期待できますが、現状ではややProcreateには劣るという
現状があります。
クリスタはそれこそ明確に漫画、イラストに強みがあるのでそこは用途によって切り分けができるかと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

Adobe Frescoは未来の画材?とりあえず色々と試したのでレビューしてみる

 

 

AdobeFrescoを購入するとiPad版Photoshopも使えるようになったのでレビューしてみた。

 


Parblo PR-01  2本の指グローブ グラフィックスモニター/タブレット/ライトボックス/トレースライトパッドに対応 左利きと右利きも使用できるーブラック

 

 


ノートパソコンスタンド 【2019最新改良】PCホルダー 折りたたみ式 六段高さ角度調整 ノートブック コンピューター用 持ち運び便利 9-15インチのタブレットとノートパソコンに適応
 

最新情報をチェックしよう!