好きなことを仕事にするときに気をつけたいこと 

 

好きなことして生きていくってコピーは一時期、耳がタコになるほど聞いてきたと思います。
皆がヒーヒー言いながら通勤する駅のホームにキラキラとした笑顔のユーチューバーたち。
そのコピーがセットで置かれている広告がずらっと並んでいる光景は何とも皮肉だなと当時から感じてはいました。

 


皆が不安の中で生きている時代だからこそ、改めてこの好きなことをして生きていくということについて考えてみようと思います。






好きなことでも常に楽しいとは限らない

 


 

将来に悩む人は往往にして「好きなことを仕事にするのがいいのか、それとも……」 となるわけですが、
僕の考えとしては、仕事にするしないの観点で考える必要はないと思っています。

 

今の時代、好きなことを仕事にする方法はいくらでもあります。   
インターネットを通して色々なニーズが見えてくるようになったおかげで、誰でも自分の好きなことを 届けることができるようになりました。

 

頭の使い方一つで好きなことは容易に仕事にできるのです。  

 

ただ注意すべきは 好きなこと=楽しいことと思いがちな点です。

 

もしそういう認識で仕事を始めても長続きはしません。
なぜなら、そのマインドでは楽しくなかったらやめてしまうんですよね。

 

楽しむための手段なら、それこそyoutube見たりなんかで代替可能なんです。 つまり、そう言った誤解から向き合う必要があります。  



否定されることの辛さ



 


    例えばイラストを描くとしましょう。 あなたはあるイラストを渾身の力で作り上げました。
そのイラストはあなたの最高傑作です。
ですが、その渾身のイラストを自分の本意とは全く違うものに仕上げなくてはいけないとなるとどうでしょう?

 

しかも、その修正判断を下すのは場合によってはイラストのイの字も理解のない人間です。
当然、その修正を行えばイラストの出来は劣化します。 そして、そのイラストを自分の名前で公開しなくてはならないのです。
その苦悩は描く人にしか分かりません。

 

仕事として好きなことをするということはこの苦悩との戦いでもあるわけです。




自分のスキルで誰かの望みを叶える







仕事というのはより分かりやすい言葉にすると誰かの望みです。
本質はそこにあります。

だからこそ、 好きの延長線上で身につけたスキルを仕事にするということは誰かの望みを叶えるということなのです。

その認識で改めて好きなことを仕事にするということを考えてみましょう。
自分の好きなことじゃなくて、人が楽しむことをやる、人の望みを叶えるためにやる  
そんな感じで、自分が好きなものを人に出して、それを否定されたりとか、もっとこうしてとか、全然ダメだよとか言われても、
それでもそれを続けられるかどうかっていうのが一つの境目になってくるのだと思います。







まとめ

 

好きなことを仕事にするということ= 好きなことで身につけたスキルで人の望みを叶えるということです。

 

好きなことを仕事にするのはそう難しい話ではありません。 インターネットを駆使すればどんな仕事でも行えるような時代です。
しかし、そのあとの道筋は決して楽なものではありません。


好きだからこそ、曲げたくないことを曲げざるを得ない時が必ずくるからです。
その時に自分の好きに折り合いがつけられるかどうかが、仕事にする上では大切になっていくのではないでしょうか。      

最新情報をチェックしよう!