ノーコードでwebサイトが作れる「STUDIO」 シームレスなデザインツール

最近コードを書かずにwebサイトができる「ノーコード」についての話題をよく見かけます。
やはりwebデザインにおける壁としてHTMLやCSSといったコードを理解しないといけないのがあるのでしょう。
僕自身、本職がグラフィックデザイナーということもあり、コードはなんとなく勉強はしましたが、実務では全く使えずビジュアルを作るだけにとどまっています。
多分、そういうデザイナーは多いんじゃないかなと思います。

 

そういう意味でもノーコードでデザインが実装できるという謳い文句はとても魅力的です。
やはり時代は徐々にWebにシフトしつつある中、少しでもその領域で戦える武器は大いにこしたことはありません。

 

調べてみると、ノーコードの作製ツールはやはり需要があるようですね。
かなりの数のサービスやツールが見受けられました。
僕の場合はデザイナーということもあるのである程度、自由度を持ったツールがいいなと思い調べているとの分野なので、「STUDIO」というツールに行き着きました。

 

STUDIOの概要

 

 

 

『STUDIO』は、コードを書かずにWebサイトの設計、デザイン、公開までワンストップで完結させることができる、デザインツールとサイトビルダーを兼ね合わせたサービスです。

一番のネックとなるHTML・CSS・JavaScriptなどのコーディングの作業
そして、サーバーのセットアップをせずに、Webサイトのデザイン制作から公開までを行うことが出来る、国産のデザインツールです。

 

このツールの何がいいというと
ドラッグ&ドロップで自動的にデザインをコード化してくれるという点です。

 

STUDIOのルールに則って画面に要素をレイアウトしていくと、画面上の見た目がそのまま「コード」に変換され、そのまま好きなタイミングでWebサイトとして公開・更新できる仕組みになっています。
コードを書くことなく感覚的に設計が行えるのはデザイナーレベルで言えばかなりストレスなくビジュアル設計に注視できます。

 

 

 

STUDIOの活用方法

 

 

Webサイトができあがるまでのフローは実はかなり複雑です。特に今の時代は特にWeb戦略が重要になるだけに、そのデザインの前段階が実は最も重要なフローとなっています。
大まかには以下のような流れでWebサイトは作られていきます。

 

  • 目的・戦略をプランナーやディレクターが考え、方向性を作り上げていく
  • デザイナーがその方向性に基づいてデザインカンプを制作
  • 実際に使われることを想定し、ユーザーの導線や使い勝手を確認するためのプロトタイプを作る
  • 最後にエンジニアがゼロからコードを書き上げ、開発環境に構築して確認を取り、サーバー・ドメイン周りの環境設定、実装する

 

制作の現場はこのように非常に分業化が進んでいます。
規模が大きいプロジェクトには多くの人が関わっているため、何か変更があれば多くの手戻りによる作業が必要になることもあるのです。
専門性を必要とする技能者が何人も関わり合うために、密なやりとりが非常に多くあります。
これはとても面倒なお話です。

 

コードをかける人はデザインができません。逆にデザイナーはコードが書けません。そして、プランナーやディレクターは自分の手でデザインやコードを設計できません。
関わる人が多ければ多いほど、制作スピードは遅れます。
全てを兼任できるなら話は別かもしれませんが、大抵の人間は一つの分野のプロフェッショナルになるので精一杯です。

 

結局、仕事となると多数の人と関わらざるを得ないのです。
ノーコードツールはこのような複雑なフローをシームレスに繋ぎ、Webサイトの新しい制作・運用フローを作り上げることができます。

 

分かりやすい例えをあげると、エンジニアの手がどうしても空いていないときに、デザイナーの手だけでレスポンシブなプロトタイプを作成し、プロジェクトを前進できます。
逆もまた然り。
エンジニアがコードを書かずに実装イメージを簡単に作成することもできるでしょう。

 

STUDIOは単純に設計を行うだけでなく、静的な画だけではなかなか伝えられない、でもモックをコードで書くには時間と人手がない。そんなシチュエーションで大活躍することができるツールだと思います。

 

 

単純な便利ツールでは終わらない

 

 

デザイナーが感覚的にWebデザインを実装できるという点だけを見ると単純な便利ツールに映るかもしれません。
しかし、このツールの本質は「よりシームレスに専門性の高い作業を共有しあえる」という点です。

 

それはデザイナーやエンジニアでなくても、考えたイメージを即座に反映し、検証・改善していくことができるからです。
サイト制作はプロに任せるのが一番だと思っていてもなかなか予算がない、あるいは自分たちの手で改善していきたいという環境の人にもこのSTUDIOは強い味方になります。

 

それだけ感覚的にデザインを設計できるというのはとても強い魅力です。
専門性をより広く展開していくことのメリットは計り知れません。
だからこそ、次の時代の主役はこういったシームレスなデザインツールなのかもしれません。

 

 

最新情報をチェックしよう!