アイデア共有に必須!
非デザイナーでも簡単にできる
ムードボード作成ツールを紹介

A
「アイデアが言葉でうまく伝わりきらない」

 

このような経験は皆さんもよく感じたことがあるかと思います。
その理由は視覚に頼って無意識に処理している情報が私たちにはたくさんあるからです。
だから正確に言語化できずにいるのです。

それを解決するのがムードボードです。
色やイメージ、雰囲気など、言葉にはしきれないアイデアを視覚的に共有することで、チーム内外での認識を一致させることができます。
今回は知っておきたいムードボードの役割や作成に使えるツールをご紹介していこうと思います。

 

 

 

 

ムードボードとは

 

ムードボードとは、アイデアがより詳しく伝わるように関連する素材を集めコラージュしたものをいいます。
素材となるものは、写真やイラストレーション、カラーパレットなど、アイデアを表すものであればなんでも大丈夫です。
イメージやプロジェクトの方向性を定めるためにはムードボードは欠かせません。
視覚的にプロジェクトのビジョンが明確になり、チーム内の認識が統一することができます。

 

極論、それこそ素材となる出力を切り貼りしてスキャンしてしまえば、十分それで成り立つ品物です。
もちろん、今の時世、ムードボードを作るのにサポートしてくれるツールはいくらでもあります。
初めてムードボードを作成するときは、数あるツールの中からどれを使えばいいのかわからないかもしれません。
そこで、プロジェクトに合ったツールを選ぶために詳しくご紹介していこうと思います。

 

 

Piterest

 

 

 

Pinterstは利用者数がとても多いツールです。
ボード上に選択した画像をPinすることで保存ができます。
利用は無料で、個人的なボードを作成できるだけでなく、チームでボードを共有し、運用を簡単に行うことができます。
ボードは非公開に設定することもできるので、チーム内のみでの共有も可能です。

Pinterestの大きな特徴は、キーワードから関連する画像を自動でピックアップしてくれる点です。
うまくキーワードで表現ができなくても、すでにボードにPinされた画像を参考に、近いイメージの画像を提案してくれます。

いかに自分の興味のあることを見つけられるかということを重視して設計されているのが一番の特徴と言えるでしょう。
Pinterestは画像検索関連の機能を続々と強化しており、画像に特化した検索エンジンを目指しています。
今の時代、自分の欲しい情報を画像で直感的に探す傾向は強まっていくと考えられます。
そういう意味でもこれからも注目すべきツールの一つと言えるでしょう。

一方で、ボードへのコメントの追加やPinした画像のリサイズといった機能は備わっていないので、
あくまでもアイデアのイメージを伝える補助的な使い方が一般的です。

 

 

 

Canva

 

 

CanvaはWebブラウザで使用できる無料デザイン作成ツールです。
デザイン制作ツールといえばIllustratorやPhotoshopなどがありますが、これらは費用が高く、導入が難しい場合もあります。
それに対してこのCanvaは誰でも手軽に様々なデザインを作ることができます。

 

そして、ムードボードを作るのにも非常に役に立つツールです。
登録や機能の表示、ヘルプといったほとんどの表記が日本語に対応しています。
ボードにメンバーを追加することで共同編集も可能となります。
また、CanvaにはiPhone・iPad、Androidのアプリが用意されています。
PCを持っていない方や外出先で作業したい方も、アイデアを思いついたらすぐにデザインが作れます。
何より、UIがシンプルで分かりやすく、非デザイナーの方には特におすすめのツールです。

 

 

Figma

 

 

FigmaはCanva同様、ブラウザ上で簡単にデザインができるツールです。
場所を選ばずにブラウザさえ起動できれば使えるため、利便性が高くチーム体制での作業にも向いています。
こちらもフリープランがあり無料で利用できるので、誰にでも手軽に導入できることから非デザイナーではない人でもちょっとした用途に役立つでしょう。

もちろん画像を自分でアップロードし、好きなサイズに変更、配置が可能なのでムードボードを作成するのにとても役立ちます。
リアルタイムでの共有、コメント機能、変更履歴が残るなど、チームでムードボードを共有し、作業していく上で欲しい機能が網羅されています

 

 

Adobe Spark

 

 

Adobe Sparkとは、Adobeが提供するデザイン作成アプリケーションです。
豊富なテンプレートを使って簡単にWebデザインを作成する「Page」、フライヤーなどの画像を作成する「Post」、数ステップでデザイン性の高い動画を作成できる「Movie」の3つの機能が搭載されていますが、モバイル版ではそれぞれ単独アプリが配信されています。

テンプレートが豊富に搭載されているため、パソコン操作が苦手な人や非デザイナーでも簡単に作成できることが大きな強みです。
作業はクラウド上に自動保存されるため、一度に作業を完結させる必要もありません。

誰でも簡単に作成できますので、ムードボードを作るのにはとてもおすすめのツールです。
一方で、ムードボードの共同編集はできず、完成したものを共有することになるので、
チーム内で試行錯誤を重ねたい時には二度手間になる可能性があるので注意が必要です。

 

 

 

 

まとめ

 

今回は、アイデアの方向性を明確にする手法として、ムードボードツールを紹介しました。
プロジェクトの初期に関係者の認識を一致させることが、何よりも大切です。
ムードボードはその助けとなります。
お伝えした様々なツールを実際に活用し、ぜひご自身やチームにあったツールとやり方を見つけてください。

 

あわせて読みたい

A 「ソフトも使えるようになってきたけれど、上達の実感がない……」 「とりあえずセオリー通りつくってみたけど、何だかイマイチ格好よくない……」 「デザインの依頼を受けるようになってきたけど、提案がうまくできない[…]

最新情報をチェックしよう!